弁護士費用

弁護士費用

着手金および報酬金


相談料】

30分ごと5500円(税込)

※初回のご相談につきましては,1時間まで5000円(税込)で対応します(もし,ご相談が1時間を超える場合には,追加で5000円がかかります)。
※ご相談いただいた事件を受任した場合には相談料の全額を着手金に充当します。


【民事事件の着手金および報酬金】

   経済的利益の額 着手金 
(税込)
報酬金 
(税込)
300万円以下の部分
(ただし,着手金の最低額は11万円(税込),訴訟事件・非訟事件・家事審判事件・行政審判事件・労働審判事件の着手金は最低額22万円(税込)とする。)
8.8%  16.5% 
300万円を超え,3000万円以下の部分5.5%  11% 
3000万円を超え,1億円以下の部分3.3%  6.6% 
1億円を超える部分1.65%  3.3% 
(計算例)500万円の請求をする場合  300万円×8.8% + (500万円−300万円)×5.5% = 37万4000円

※ 着手金および報酬金は事案の内容等により増減額することがあります。

※訴訟ではなく,交渉の場合には,事案に応じて,上記金額を2分の1〜3分の2に減額します。


【離婚事件等】

   事件の内容 着手金および報酬金(税込)
離婚交渉 22万円~
離婚調停  (事案が複雑な場合には増額する)33万円
離婚訴訟  (事案が複雑な場合には増額する)55万円
面会交流調停(審判)  (※離婚調停と同時に申し立てる場合)22万円 (※離婚調停+11万円)
婚姻費用調停,養育費調停(審判) (※離婚調停と同時に申し立てる場合)22万円 (※離婚調停+11万円)
子の監護者指定・子の引渡し審判  (※仮処分申立てを含む場合)44万円 (※55万円)

※ 離婚交渉から引き続き離婚調停を受任するときの着手金は11万円(税込)とします。
※ 離婚調停から引き続き離婚訴訟を受任するときの着手金は,離婚調停の回数に応じて,以下の額に減額するものとします。
 調停が,1回〜2回で終了した場合22万円(税込),3回〜9回で終了した場合33万円(税込),10回以上で終了した場合44万円(税込)


【相続に関する事件】

   事件の内容 着手金(税込)
遺言書の作成11万円〜
遺産分割協議 33万円~
遺産分割調停 44万円~
遺留分減殺請求 33万円~
遺留分減殺請求調停 44万円~

※ 相続に関する事件の報酬金は,上記民事事件の報酬金の額とします。


【支払督促による債権回収】

支払督促手続事件の着手金は,11万円(税込)とします。

   経済的利益の額 報酬金 (税込)
300万円以下の部分11% 
300万円を超え,3000万円以下の部分5.5% 
3000万円を超え,1億円以下の部分3.3% 
1億円を超える部分1.65%

※ 支払督促手続事件が訴訟に移行したときの着手金は,上記民事事件の着手金から5万円を差し引いた額とします。

PAGE TOP